痛風の症状は食事で緩和|工夫すれば痛みから解放される

お年寄り

アンモニアの解毒

シニア

解毒作用

オルニチンは体の老廃物を排出して健康を保つのに重要なアミノ酸です。アミノ酸は、普通はたんぱく質やペプチドなどを構成する生体内の化学物質です。しかし同じアミノ酸でありながらオルニチンは、体の中で単体として、一種類だけで存在し、これを遊離アミノ酸といいます。オルニチンの主な働きは、いろいろな生体活動で発生するアンモニアの代謝です。肝臓ではオルニチンは尿素サイクルという化学反応の中で活躍します。具体的には、生きていくために必要な体の働き、運動や脳で考えることなどの結果生じた有害な化学物質、アンモニアを尿素にします。尿素は尿から体の外に排出されます。アンモニアがなくなると体の疲れや、精神疲労などが軽減されて元気になります。

脳を元気にする働き

毎日、人間は体を動かすだけでなく、絶えず考えたり話したりします。これは脳の働きといえます。脳は体を動かすにも、手や足を動かすにも、そして考えるときにも、絶えず膨大な量のブドウ糖を必要としています。体のほとんどのブドウ糖は、脳で消費されています。そのブドウ糖の代謝の結果、最終的に大量のアンモニアが生成されます。脳にアンモニアがたまると疲れを感じて、脳の働きや体を動かすことがきつくなります。ときにはアンモニアのために吐き気を及ぼす人もいます。オルニチンはそのようなハードな脳の働きを、リフレッシュさせるために、重要で必要不可欠なアミノ酸です。そのほか体の修復作用に必要な成長ホルモンの分泌をうながす働きもします。そのため、同じような働きをするアルギニンと一緒に、サプリメントとして摂取することが、健康にはとても良いことだと考えられます。